2016年10月
3 / 9ページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  
2016/10/25(火)

10/25のツイートまとめ

hibi_tantan24

もう東電を切り捨てるしかない!新潟県知事選「想定外の大差」の意味 再稼働なんて夢物語 https://t.co/2N1LonStX1
10-25 07:05

イカサマ厚労省 年金試算“底上げ”報道に猛抗議の笑止千万 https://t.co/P2UzcYJ15Z #日刊ゲンダイDIGITAL
10-25 07:11

安倍政権の沖縄での報道弾圧に「国境なき記者団」が批判声明! 一方、官邸は国連の「表現の自由」調査を監視する暴挙 https://t.co/V1d3FLKSE1 @litera_webさんから
10-25 07:13

「土人」発言の波紋 政権が拡散させる“沖縄蔑視” |政治ニュース|HUNTER(ハンター)|ニュースサイト https://t.co/zAMeGZKWca
10-25 07:16

この記事に関心がある(863)
2016/10/23(日)

10/23のツイートまとめ

hibi_tantan24

辛坊治郎が「土人」発言擁護のためにデマ連発! 高江の住民は大半が反対なのに「ヘリパッド作ってほしい人が圧倒的」 https://t.co/JZE6M4ooWW @litera_webさんから
10-23 10:10

地震学者が危険性指摘 鳥取巨大地震は南海トラフの予兆か https://t.co/vpZoTsIkEi #日刊ゲンダイDIGITAL
10-23 10:11

批判殺到を教訓に?今年はひっそり開催…放射能汚染が危惧される福島“6国”清掃活動の意義とは | 週プレNews https://t.co/4XnzOeBHe3 @shupure_newsさんから
10-23 10:25

この記事に関心がある(845)
2016/10/22(土)

【捏造南京大虐殺】【GHQ焚書図書】これはすごい!南京事件の真相が明らかに!!

イメージ 1

【討論】
シリーズ「日本の敵」:GHQ焚書図書とは何だったのか?
[桜H28/10/22]
2016/10/22 に公開
◆シリーズ「日本の敵」:GHQ焚書図書とは何だったのか?

パネリスト:
 潮匡人(評論家)
 富岡幸一郎(文芸評論家・関東学院大学教授)
 西尾幹二(評論家)
 福井義高(青山学院大学教授)
 宮崎正弘(作家・評論家)
司会:水島総

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~
GHQ焚書図書開封

【捏造南京大虐殺関係記事一覧】
この記事に関心がある(852)
2016/10/22(土)

反社会性パーソナリティー障害の症状・原因と治療・対応方法


反社会性パーソナリティー障害の症状・原因と治療・対応方法

更新日:2016/08/05
人格障害の種類
社会のルールを守ることがなかなかできず、自分の利益のために平気で人を騙したり、利用したりする人は「反社会性パーソナリティー障害」と診断されます。ドクター監修のもと、具体的な症状や原因、治療方法を解説します。

田中伸明先生
この記事の監修ドクター

悩んでいる女性
私たちが安心して社会生活を送るためには、ルールやモラルが不可欠ですが「反社会性パーソナリティー障害」の人は、そのような社会の規則を守ることがなかなかできません。さらに、結果を考えないで行動してしまうため、依存症や犯罪といった問題を引き起こしてしまうこともあります。

反社会性パーソナリティー障害とは?

反社会性パーソナリティー障害は、法律のような社会的なルールや道徳心、倫理観などを守ることができません。さらに、人に対して簡単に嘘をついたり、自分の利益のために騙したりして、それを反省なく繰り返してしまうことが特徴です。このパーソナリティー障害の発症率は人口の1〜3%で、女性よりも男性の方が多い傾向にあります。
具体的な症状としては
・他者の権利や感情を無視した行動をとる
・自分の利益のために人を騙し、平然と嘘をつく
・衝動的に行動を起こす
・後悔や罪の意識を感じにくい
・言葉巧みに自分を正当化し、他者を陥れる
・幼少期から問題行動を繰り返している など
その他、薬物やアルコール依存、性的逸脱行為、犯罪行為を起こしやすく、職業や住居も落ち着かないケースが少なくありません。ただし、このパーソナリティー障害は、20代に入るころから症状が緩和していく傾向もあります。
反社会性パーソナリティー障害の原因については遺伝的要因もあると言われていますが、多くの場合に、家庭内に反社会的な人物や薬物使用者がいたり、幼少期の離婚や養育放棄(ネグレクト)、虐待を受けたなどの影響が原因となって現れている可能性があります。

反社会性パーソナリティー障害の治療方法について

反社会性パーソナリティー障害の人の場合、自ら医療機関に受診することはあまりなく、周囲の協力や、何らかのトラブルがきっかけで訪れることがほとんどです。治療方法は未だ確立していませんが、カウンセリングを中心とした心理療法を行います。本人の改善意欲が高いほど、完治する可能性は高くなりますので、可能であれば早めに医療機関で診てもらうことが望ましいでしょう。

この記事に関心がある(889)
2016/10/21(金)

10/21のツイートまとめ

hibi_tantan24

「神奈川県民のプライド」はなぜこうも鼻持ちならないのか? ずっと我慢してきた東京人の本音 https://t.co/VWd76NrGuU #現代ビジネス
10-21 07:55

安倍政権が“ネット言論統制”か 経産政務官が削除した中身 https://t.co/y5pFEaqjjZ #日刊ゲンダイDIGITAL
10-21 07:56

蓮舫の花を枯らす野田幹事長。新潟県知事選の裏でしでかした“最悪の邪魔” | 週プレNews https://t.co/6g5vQ8hzVE @shupure_newsさんから
10-21 07:58

この記事に関心がある(910)
2016/10/21(金)

民進党・蓮舫、ウソ連発で法務省が激怒… 逮捕へのカウントダウン開始

イメージ 1

2016/10/19 に公開
民進党・蓮舫、ウソ連発で法務省が激怒… 逮捕へのカウントダウン開始






この記事に関心がある(930)
2016/10/21(金)

【国賊民進一派 蓮舫】国会議員の経歴詐称は公選法違反 虚偽の事項を公にした者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

イメージ 1
2016年09月05日 17:09
池田 信夫

イメージ 2

蓮舫氏の国籍問題は、本人が「台湾籍を抜きました」といっただけで証拠が出てこない。いま台湾に彼女の籍が残っていたら二重国籍だが、もし中華民国籍(日本では中国籍)を喪失していたとしても、読売テレビの番組で「私は生まれたときから日本人です」と答えたのは、経歴詐称の疑いがある。
彼女の公式ホームページには、この写真とともに「1967年 東京都生まれ 台湾人の父と日本人の母との間に生まれる」と書かれている。当時の国籍法では、日本で生まれた子は自動的に父親の国籍になるので、彼女は生まれたときは台湾籍(中華民国籍)だったはずだ。日本国籍を選ぶことができるのは、両親が正式に結婚していない場合に限られる。
彼女のホームページの2013年版(魚拓)には「1985年 台湾籍から帰化 帰化するまで謝蓮舫という名前で、今でも謝姓に愛着と誇りを感じている」と書かれていたが、なぜか今は抹消されている。この「帰化」は正確には「日本国籍を選択」だが、「台湾籍」だったという認識はあったわけだ。

二重国籍には罰則はないが、国会議員の経歴詐称は公職選挙法違反(虚偽事項公表罪)である。公選法235条では、次のように罰則も定めている。

公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者の身分、職業若しくは経歴、その者の政党その他の団体への所属、その者に係る候補者届出政党の候補者の届出、その者に係る参議院名簿届出政党等の届出又はその者に対する人若しくは政党その他の団体の推薦若しくは支持に関し虚偽の事項を公にした者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。


彼女の「生まれたときから日本人」という答と「台湾籍から帰化」という記述は矛盾しており、どちらかが誤っている。謝という姓から考えると、過去の記述が正しいと思われる。現在の答が嘘だとすれば、公選法違反だ。過去にも経歴詐称で議員辞職した衆議院議員起訴された参議院議員がいる。
いま彼女が「私は日本人です」というのは、戸籍に国籍が「日本」と書かれているという意味では正しいが、「18歳のとき籍を抜きました」というのは事実に反する。台湾の国籍法では、満20歳にならないと国籍喪失の許可は出ないからだ。
今まで蓮舫氏が「質問の意味がわからない」といった答を繰り返していることから考えると、彼女は日本国籍を取得したことで自動的に台湾籍を抜いたと錯覚している疑いが強い。それは過失だとしても、「生まれたときから日本人」は経歴詐称である。
公式サイトの記述を削除したことから考えても、これは勘違いとは考えにくい。選挙向けに「台湾籍」という経歴を隠して「生まれたときから日本人」と言っているとすれば、彼女は公選法違反で起訴される可能性がある。有罪が確定したら、議員の資格を失う。
各社がすでに取材しているので、今週中には事実が明らかになるだろうが、その前に彼女がみずから事実を明らかにすべきだ。他にも二重国籍の議員がいるといわれるので、民進党も調査すべきだ。

追記:読売テレビの番組で蓮舫氏が「国連の女子差別撤廃条約を批准して…」といって遮られたのは、旧国籍法の父系主義(母親の国籍は選べない)を批判しようとしたものと思われる。これは1985年から改正されたが、その後に日本国籍を選択しても国籍法は遡及しないので、「生まれたときから日本人」にはならない。
追記2:彼女は「帰化ではなく国籍取得だ」と強調している。1972年に日本は台湾と断交して中華民国を認めていないので、彼女は「無国籍から日本国籍を取得したので、生まれたときから日本人」と思った可能性もあるが、これも誤り。1972年以降も台湾人には「中国籍」があるので、実質的には「台湾籍から帰化」したのと同じ。

この記事に関心がある(956)
2016/10/20(木)

10/20のツイートまとめ

hibi_tantan24

試算も詐欺まがい 安倍政権「年金カット法」のイカサマ https://t.co/DO1i7Zr2KZ #日刊ゲンダイDIGITAL
10-20 08:19

機動隊員の沖縄差別は「土人」発言だけじゃない!「バカ」「シナ人」…差別意識を助長させる安倍政権 https://t.co/gDPri82ifC @litera_webさんから
10-20 08:19

稲田防衛大臣の更迭危機。南スーダン視察で「現地の状況は落ち着いていた」発言の失態 | 週プレNews https://t.co/g57JtX64NW @shupure_newsさんから
10-20 08:20

この記事に関心がある(888)
2016/10/20(木)

「二重国籍は社会的傾向」という反日マスメディアのプロパガンダ



イメージ 1

「二重国籍は社会的傾向」という反日マスメディアのプロパガンダ
多くの反日メディアは
この二重国籍の記事を、「大問題だ」として取り上げていない。
取り上げたとしても「読み飛ばしてしまいそうな、小さな記事」として掲載している。
更に、
「二重国籍容認論」まがいの記事として、TVや新聞紙上で取り上げている。

これら、二重国籍を「大した問題ではない。」として取り扱っている。

巷の意見を聞いてみると、かなり常識を兼ね備えた人でも、「隣国とは仲良くやっていかなければならないから、二重国籍でもいいんじゃ~ない」というような間違った主張が結構多いことに驚く。

しかし、国家体制の維持・存立の側面から考えてみると
この二重国籍問題は、危険度最大級の大問題であると捉えることができる。

なぜなら、身近な例を挙げるならば

●「中国人の国籍も持つ者が、自衛隊員になることを許してしまう」ことになり、
わが国の自衛官が中国国籍で90%占めたとしたらどういうことになるか?

●国会議員や地方議員、首長、公務員の大半が中国の国籍を持てば、どういう結果になるだろうか?

このことは、亡命国家チベットを観ればよく理解できる。

チベット仏教寺院は、違法だとして焼き払われ縮小されている。
チベット人の男は強制移住させられ、優秀な頭脳を持つ者でも、単純肉体労働をさせられている。
チベット人の女は、漢人と強制的に結婚させられ、この結果チベット民族は滅亡の危機にある。
チベット人に高等教育はいらないというような法律が制定されている。
等々

つまり
二重国籍は「大した問題じゃ~ない」「みんな仲良くね」などと考えていたら
わが国国家体制は徐々に存続・維持が困難となり
「日本人に高等教育は必要ない」
「自衛隊は要らない」
「日本人に年金は要らない」
「日本人の男は単純肉体労働でよい」
「日本人の女性は漢人の男と結婚すればよい」
医療制度の段階的改悪、教育制度の段階的改悪、年金制度の段階的改悪
自衛隊は「人民解放軍」となり、日本人の弾圧・虐殺が始まる。

徐々に、気づかれない程度に、長期間かけて、わが国国家体制が崩されていくのである。

「そんなバカなことが起こる筈がない」と日本の善男善女は反日マスメディアに騙されて主張するけれども
実際にチベットやウィグルの実状を学習すれば、よく理解できる話である。

よって
二重国籍問題は、待機児童問題や豊洲盛り土問題、輸入牛肉・野菜など食の問題、
オリンピック予算の問題などと比較してけた外れに重要にして最大の問題であることをご理解いただきたい。

且つ、反日売国のマスメディアの長期にわたる洗脳が常識人を非常識に変えてしまう恐ろしさに気付いて欲しいと思う。

なお、メディア界には多くの二重国籍者が要職に就いていたり、「儲ければそれで良し」とする風潮が我が国の存立を脅かしていることも事実である。
日本人は「喉元過ぎれば熱さ忘れる」という傾向があるけれども
この二重国籍の問題は、永久に追及・探求していかなければならない。
反日メディアはもう何も問題なく過ぎ去ったことの様に報道も下火になっている。
日本は長年にわたる反日メディアにより、すっかり調教」されてしまった。

【完全に狂ったメス豚蓮舫】

【スパイ蓮舫関係記事一覧】
この記事に関心がある(888)
3 / 9ページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9