ヘイトスピーチについて考える「平和をつくろうみんなの集会」が11日、佐久市の佐久教育会館で開かれた。市民有志でつくる「ピースアクション佐久」などの主催で、出版社員の岩下結さん(35)がヘイトスピーチやヘイト本などの現状について報告した。会場には約110人が集まった。
 岩下さんは佐久市出身で現在は東京の出版社に勤務。いわゆる「嫌韓」「嫌中」をテーマにした本の出版が相次ぐ状況に危機感を抱き、仲間とともに「ヘイトスピーチ排外主義に加担しない出版関係者の会」を結成した。
 「反日殺せ」などと叫ぶヘイトスピーチについて、「特定の外国人や民族を対象にした人種差別。街頭デモは下火になってきたが、ヘイト本が増え、それらを集めた棚を設ける書店もある」と指摘した。
 
____________________________________________
 
【在日韓国人・在日朝鮮人達と、お花畑と反日を刷り込まれた人達が集まったのだろうか?
ヘイトスピーチは、在日・反日達の妄想で存在しない。
在日・反日達の長年の悪行の事実がバレただけです。】