2016年4月
1 / 12ページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  
2016/04/30(土)

04/30のツイートまとめ

hibi_tantan24

熊本地震は知らん顔…安倍首相&7閣僚「GW外遊」に5億円 https://t.co/od3a6tRLhQ #日刊ゲンダイDIGITAL
04-30 09:46

日本政府の「報道抑圧」を国連が痛烈批判! それでも大手メディアはだんまり…… 古賀茂明「日本再生に挑む」 https://t.co/SKjcMYRbqG
04-30 09:47

急死した元朝日・若宮啓文にネトウヨと百田尚樹が「ざまあみろ」と攻撃!「安倍叩きは朝日の社是」はデマなのに https://t.co/Yj2bW64MAC @litera_webさんから
04-30 09:48

この記事に関心がある(860)
2016/04/30(土)

【青山繁晴】舛添要一って一体何なの!?


イメージ 1

2016/03/26 に公開
独立総合研究所の青山繁晴さんが、舛添要一東京都知事が推進する、韓国人学校への都有­地貸与問題について、怒っています。「売国奴」という表現こそ使っていませんが、「地­方首長の越権」、「外国への便宜供与」が問題であるとし、「地上波のタブー視」にも触­れています。実に正当な指摘だと思います。

都には批判や苦情が殺到しているにも関わらず、産経以外の全国紙は朴大統領の要請で舛­添氏が動いている事実を簡単に報じたのみで、問題の追及を殆どしていないことが異常で­あり、不気味です。

舛添氏は、ファーストクラスで渡航し、スイートルームに宿泊した「“豪遊”出張」とい­い、意味の分からない韓国配慮といい、本当にろくな事をしない人物です。

個人的に猪瀬さんの辞任は止むを得なかったと思っていますが、結果としては更にどうし­ようもない、というより有害な人物が後任になってしまいました。まあ、他の有力候補も­ド左翼の宇都宮健児・元日弁連会長、現在業務上横領容疑で東京地検特捜部の捜査対象に­なっている田母神俊雄・元航空幕僚長、とうの昔に引退して陶芸家をやっていたはずの細­川護熙元首相、とどうしようもない選択肢しかなかったわけですが……。

それでも、舛添さんの意味不明さは度を越しているので、とっととリコールすべきでしょ­う。民主主義自体が誤りを犯す危険の高い制度ですが、直接選挙はより危険ですね。

憂国チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC4tS...

引用元:
虎ノ門ニュース8時入り 3月24日OAより

関連動画:
3/24(木)〜青山繁晴・居島一平〜【虎ノ門ニュース 8時入り!】【Toranomon NEWS】https://www.youtube.com/watch?v=NEh5Q...

【2016/3/26】舛添都知事リコールデモin新宿1
https://www.youtube.com/watch?v=ezEo4...

関連ニュース:
【韓国人学校に都有地貸与】都庁前でデモ、批判3千件超が殺到 舛添知事は「撤回しない」(2016年3月25日・産経ニュース)
http://www.sankei.com/politics/news/1...

なぜ韓国人学校に都有地貸し出し? 批判1日で300件 「保育所整備に使って」「外交より都民優先を」(2016年3月20日・産経ニュース­)
http://www.sankei.com/world/news/1603...

1泊30万円超スイートに…舛添知事「海外豪遊出張」の中身(2016年3月17日・­日刊ゲンダイ)
http://www.nikkan-gendai.com/articles...
この記事に関心がある(891)
2016/04/29(金)

04/29のツイートまとめ

hibi_tantan24

三菱自にお墨付き 天下り“ザル検査”法人の税金ムダ遣い https://t.co/sm63ynUNPa #日刊ゲンダイDIGITAL
04-29 09:01

「パナマ文書に電通」は風評被害じゃない! タックスヘイブンに電通系ファンドと北京電通幹部の別会社が https://t.co/SkQn5RIC7H @litera_webさんから
04-29 09:01

松本文明副大臣の自民党支部、妻に家賃1360万円:朝日新聞デジタル https://t.co/PGWATbQV1M
04-29 20:09

この記事に関心がある(841)
2016/04/28(木)

共産党の地震救援募金詐欺疑惑


共産党の募金詐欺疑惑
イメージ 1

共産党の救援募金“詐欺”疑惑?

 渦中の党地方幹部が告白〈週刊朝日〉

dot. 4月28日(木)7時0分配信
共産党品川地区委員会の事務所にて。
「九州地方地震救援募金お願いします」というビラを持つ香西氏(編集部・上田耕司)

 熊本地震の被災地支援を名目にした「募金詐欺」だとツイッターで炎上したのが、共産党の衆院東京3区候補予定者の香西かつ介氏(党品川地区委員長)。

 ことの発端は4月16日、同党の品川区内で開かれた演説会で配られた募金袋だった。封筒には「熊本震災救援」「北海道5区補選勝利」「党活動強化」と三つの名目が書かれていた。

 香西氏によると、会場に集まった550人のうち200人以上から37万円が集まった。香西氏が翌日、「熊本の被災地救援、北海道5区補選支援、党躍進のためにありがたく使わせていただきます」とツイート。ネット上では、被災地支援名目に政治資金集めをしていたのではないかと批判された。香西氏は、本誌の直撃に反省しきり。

「まったく性格の違う募金ですから、いっしょくたにしてしまったのは私の不徳のいたすところです。詐欺ではありません。直接取材を受けたのは初めてですが、取材してもらったほうがいいんです。誤解が解けて」

 集まった37万円はどこへ行くのか。

「党の熊本県委員会の口座に振り込まれています。今後、党中央と県委員会が相談して、被災地に届けられることになると思います」

 こうした募金は、共産党だけではなく、多くの政党がやっている。集まったお金はダイレクトに被災地の県や市町村に行くと思っていたので、びっくりした。

 よく聞けば、ツイッターで騒がれなければ、熊本に行くのは3分の1、12万円ほどだったらしい。「熊本救援」と名がつけば、共産党支持者以外も寄付していたかもしれないから、やはり不親切だろう。

「立候補はやめたほうがいいでしょうかね」。弱音をはいた香西氏に、記者が「やめた方がいいんじゃないですか」と同意すると、香西氏は慌てて前言を撤回した。

 確かな野党・共産党なんだから、ぶれずにいこうね。(本誌・上田耕司)

※週刊朝日 2016年5月6-13日号









この記事に関心がある(844)
2016/04/28(木)

[転載]【現代のねずみ男】舛添都知事、公用車で年間49回の温泉地別荘通い 舛添都知事「知事の職責は時間や場所を問わない」


【現代のねずみ男】舛添都知事
公用車で年間49回の温泉地別荘通い
舛添都知事
「知事の職責は時間や場所を問わない」

イメージ
イメージ
イメージ

週刊文春 4月26日(火)16時1分配信 

舛添都知事が公用車で温泉地別荘通い 

湯河原に現れた舛添氏の乗った公用車 
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20160426-00006115-sbunshun-000-view.jpg 

 往復の飛行機はファーストクラス、宿泊先は高級ホテルのスイートルーム、年間の海外出張経費は3億5000万円也……舛添要一東京都知事(67)の「豪華すぎる海外出張」へのブーイングが日に日に高まっている。だが当の舛添氏は、4月12日から18日まで例によってファーストクラス&スイートルームでニューヨーク、ワシントンを外遊した。そんな折、小誌にある「内部告発」がもたらされた。 

「舛添都知事は週末に東京を離れて、公用車で湯河原にある自分の別荘を訪れている」 

 小誌が早速、情報公開請求によって、舛添氏の公用車の運転手が移動経路を記録した「庁有車運転日誌」を取り寄せたところ、驚くべき事実が判明した。 

 この記録と小誌の取材によると、舛添氏は、昨年4月からの約1年間で、実に49回にわたって、毎週末、公用車で、温泉で名高い神奈川県湯河原町にある別荘を訪れていたのである。都内のハイヤー会社によると「都庁と湯河原の往復で約八万円かかります」というから、その総額は単純計算でも400万円を超える。 

 問題の別荘は、舛添氏の妻が代表取締役を務め、自身も役員を務めるファミリー企業が所有しており、敷地面積は約三百坪。温泉もひいているというが、舛添氏はいったいここで何をやっているのか。そもそも、都知事が毎週末、都心を離れることに危機管理上、問題はないのだろうか。舛添氏は、知事秘書室を通じて、次のように回答する。 

「知事の職責は都政全般にわたる広範なものであり、時間や場所を問わない。週末には、その週の業務のまとめと翌週の公務のための準備を世田谷や湯河原の事務所で行っている。危機管理上万全の体制を講じており、問題ない」 

 舛添氏に、都知事として1300万人の都民の命を預かる責任者としての自覚はあるのだろうか。 

<週刊文春2016年5月5日・12日『スクープ速報』より> 

「週刊文春」編集部 
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00006115-sbunshun-pol 

★1(2016/04/26(火) 16:51:44.77) 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1461657104/

刊文春 4月26日(火)16時1分配信 

舛添都知事が公用車で温泉地別荘通い 

湯河原に現れた舛添氏の乗った公用車 
 
 往復の飛行機はファーストクラス、宿泊先は高級ホテルのスイートルーム、
年間の海外出張経費は3億5000万円也……
舛添要一東京都知事(67)の「豪華すぎる海外出張」へのブーイングが日に日に高まっている。
 
だが当の舛添氏は、4月12日から18日まで例によってファーストクラス&スイートルームでニューヨーク、ワシントンを外遊した。そんな折、小誌にある「内部告発」がもたらされた。 

「舛添都知事は週末に東京を離れて、公用車で湯河原にある自分の別荘を訪れている」 

 小誌が早速、情報公開請求によって、舛添氏の公用車の運転手が移動経路を記録した「庁有車運転日誌」を取り寄せたところ、驚くべき事実が判明した。 

 この記録と小誌の取材によると、舛添氏は、昨年4月からの約1年間で、実に49回にわたって、毎週末、公用車で、温泉で名高い神奈川県湯河原町にある別荘を訪れていたのである。
都内のハイヤー会社によると「都庁と湯河原の往復で約八万円かかります」というから、その総額は単純計算でも400万円を超える。 

 問題の別荘は、舛添氏の妻が代表取締役を務め、自身も役員を務めるファミリー企業が所有しており、敷地面積は約三百坪。温泉もひいているというが、舛添氏はいったいここで何をやっているのか。そもそも、都知事が毎週末、都心を離れることに危機管理上、問題はないのだろうか。舛添氏は、知事秘書室を通じて、次のように回答する。 

「知事の職責は都政全般にわたる広範なものであり、時間や場所を問わない。
週末には、その週の業務のまとめと翌週の公務のための準備を世田谷や湯河原の事務所で行っている。危機管理上万全の体制を講じており、問題ない」 

 舛添氏に、都知事として1300万人の都民の命を預かる責任者としての自覚はあるのだろうか。 
ChBqDTEVEAAXVO6

<週刊文春2016年5月5日・12日『スクープ速報』より> 
「週刊文春」編集部 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00006115-sbunshun-pol 

前スレ(★1=2016/4/26(火)16:51:44:77) 
【文春砲】舛添都知事、公用車で年間49回の温泉地別荘通い 舛添都知事「知事の職責は時間や場所を問わない」★5 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1461673536/

 舛添「公用車♨温泉通い」


舛添知事、公用車で温泉通い疑惑が発覚
都庁職員の対応が「わかりません」連発で
事実確認できず(怒)

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。
年初から飛ばしているセンテンス・スプリングこと週刊文春ですが、
明日発売号で舛添知事の「公用車での温泉通い」疑惑が掲載されるようです。
舛添都知事が公用車で温泉地別荘通い
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6115
イメージ

(画像は知事の部屋より)
記事によると1年間ほぼ毎週末の49回、
都庁と別荘のある湯河原を公用車で往復し、週末はそちらに滞在していたとのこと。
情報公開請求もされているので、事実にほぼ間違いはないのでしょう。
もちろん、公用車の利用にかかる経費は都民の税金であり、公私混同の観点からも、
都内に知事がいない危機管理の観点からも、これは大きな問題である
と言えます。
とはいえ、まずは東京都側の見解も伺い、事実関係を確認しなければなりません。
そう思って連絡を取ったのですが…なんというか、その対応があまりにもひどすぎたので、今日はそちらだけまずお伝えしたいと思います。
知事の行動を管理しているのは政策企画局。
ここの総務課長席にまず内線。基本的に担当部署がわからない案件は、
どの局も総務課長に電話をして取り次いでもらうのが一般的な流れです。
「舛添知事の公用車の件でお伺いしたいのですが」
「総務課長はただいま、不在にしておりまして…」
「そうですか、公用車の件はどちらの課長が担当になりますか?」
普通はこれで、担当課が案内されます。
しかし回答は、
「どちらの部署かわかりません」
いや、そんなわけないでしょ。
思えばこの時点でちょっと怪しかった。
「たぶん、秘書課ですよね?じゃあそっちにかけます」
「あ、総務課長から折り返しをさせますので…」
「いいです、自分でかけます」
といって電話を切り、すぐに秘書課長席に内線。
こちらも代理の女性の方が出て、秘書課長は不在とのこと。
それはいいんですが、
「舛添知事の公用車の担当は、そちらで良いですか?」
(保留になった後)
「ちょっとわからないんです」
「…はい?わからないってなんでしょう?じゃあ、公用車の担当はどちらですか?」
「申し訳ありません、わかりません」
「わからないはないでしょう。じゃあ聞き方を変えます。
 昨日までは、公用車はどの部署が手配をされていたんですか?」
(保留になった後)
「それもわかりません」
「いやおかしいですよね?手配していた部署がありますよね?」
「申し訳ありません」
…なんだこれ?
いろんな部署とやり取りしてるけど、初めてだぞこんな対応。
「秘書課長はいつ戻りますか?すぐに折り返しが欲しいんですけど」
「いつ戻るかわからないんです」
「担当は秘書課長ということでよろしいですね?」
「それはちょっとわかりません」
「だから、じゃあ担当の課長はどなたなんですか?」
「申し訳ありません、わからないからお答えできないんです
すいません、怒りました。
「わからない、わからないで済むわけがないでしょう!横に誰がいるんですか?」
「申し訳ありません」
「失礼ですが、お名前は?」
「◯◯です」
「◯◯さんの役職名はなんですか?」
「政策企画局秘書課です」
「それはわかってます。役職は?」
「主事です」
「◯◯さんの上司は、秘書課長でよろしいですね?」
「…申し訳ありません、少々お待ちください(保留)」
ここまで問い詰めてようやく、
秘書課長から早急に折り返しの連絡をさせるとの言質をとりました。
で、結局18時過ぎに総務課長から折り返しの連絡があり、
「秘書課長は立て込んでいるので、明日改めて必ず連絡させる」
ということで、明日の朝イチでレクを受けることになっています。
なんですかね、この清々しいまでの逃亡体質・隠蔽体質は。
政策企画局は舛添知事が肝いりで作った直轄機関なので、
この体質=舛添知事のスタンスと考えて良いと思います。
「わからない」
と言っておけば、その場をとりつくろえると本気で考えたのでしょうか?
何も今すぐ説明に来いと言ったわけではないのだから、
「突然のことで混乱している。事実関係は確認中で、少しだけお待ちいただきたい」
と担当者から一言、説明があればよかっただけの話です。
あまりにも都議会・都民に向き合う気がないとしか思えません。
前回の答弁拒否といい、自分たちで自分を怪しいと言ってるようなものなんですが…
いずれにせよ、この対応で完全にスイッチが入りました。
海外出張経費に引き続き、ここまで都民の税金が濫用されているわけですから、
些細な事と見過ごすことは絶対にできません。
本件、都議会でもきっちりと追及していきます。
また明日のレクが終わりましたら、東京都側の言い分をご報告します。
それでは、また明日。
※舛添知事関連の過去記事はコチラから↓
http://otokitashun.com/tag/%E8%88%9B%E6%B7%BB%E7%9F%A5%E4%BA%8B/
(2016年4月26日「おときた駿 オフィシャルブログ」より転載)

熊本地震発生から三日目。一方そのころ。首都東京の知事は? 

イメージ

イメージ


舛添知事、訪問先のワシントンで「ニューヨークのブロードウェーのような劇場街を東京に作りたい」と表明 

都民の税金の誇り、ハイパーレスキュー。結局動かさず。 
その頃ハゲは都民の税金で豪遊パレードで有頂天ハゲ丸出し。 
↓↓↓ 
都民から批判の声が上がり始めていることを知ってか、 
現地で金魚の糞のマスゴミに、急にこんなことを言い出し始めました。 

「何もかも削減すればいいということではない」 
「全力をあげて支援する態勢を整えている」 
「熊本地震のためスイートルームで異常な回数の会議をやった。文句あるか」 

⇒ファーストクラスで帰国後数日たって思いついた支援が 
 エコノミークラス症候群防止ストッキングを送ることw(飛行機で使うやう。一回履いたらゴミ) 


ファーストクラス症候群 

・税金を自由に使えると思ったらファーストクラスじゃないと飛行機で不安になる 
・知事になったらセレブになったと勘違いする 
・日本で震災が起こっていても、オープンカーで手を振りたくなる 
・五つ星の最高級スイートに泊まらないと友達が会いにきてくれないと思い込む 
・ファーストクラスでまどろみながら、エコノミークラス症候群防止ストッキングを送ることを思いついたりする 
・毎週末、高級公用車をタクシー代わりにして湯河原の別荘へ行きたくなる


事業者名称 株式会社舛添政治経済研究所 
業種 シンクタンク 
住所 東京都世田谷区代田三丁目48番1号 
問い合わせ先 03-3410-5221 
最寄り駅 梅ヶ丘 アクセス 

公式サイト http://www.masuzoe.gr.jp 
事業紹介 前参議院議員・舛添要一の事務所


110: 名無しさん@1周年 2016/04/26(火) 17:59:28.79 ID:bqidAg9a0.net
都庁っていい勤務先だよな 
毎週末温泉に行っても、仕事の書類をかばんに入れとくだけで交通費が経費で落ちるんだろ 
ああ、その書類の中身が漏れたりしたらどうなるんだろう、管理基準的に庁舎外への持ち出しはいいのだろうか

131: 名無しさん@1周年 2016/04/26(火) 18:00:58.92 ID:tBQsgeWi0.net
都民の血税という意識が全く無いな 
このまま豪遊させ放題なのかよ

138: 名無しさん@1周年 2016/04/26(火) 18:01:40.91 ID:hXlJXwIY0.net
海外出張の期間省いて49回は相当だな 
とりわけ何か用事があった訳でも無さそうだしな、横領だわこりゃ


人気ブログランキングへ



【豪遊】舛添要一(東京都知事)、今度は公用車を使って○○通い【ムダ遣い】





【文春砲】舛添 リコール 署名開始まだ? 公用車私用問題【2chまとめ】




舛添都知事が毎週末、公用車で、湯河原町の別荘通い、公費を何んと思っている






転載元: 復活!強い日本へ!

この記事に関心がある(830)
2016/04/28(木)

2016/4/28 ザ・ボイス 青山繁晴 ニュース解説「日銀が金融政策の維持を決定」「三菱自動車 1日当たりの受注が半減」など


イメージ 1

2016/04/28 に公開
AM1242ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」から、その日のニュースを分析・解説していく「ニュースピックアッ­­プセブン」を配信しています。
2016年4月28日(木)コメンテーター青山繁晴(独立総合研究所社長)

≪取り上げたニュース一覧≫
日銀が金融政策の維持を決定
三菱自動車 1日当たりの受注が半減
熊本地震を特定非常災害に指定
任天堂がマリナーズの株を売却へ 経営の中心から撤退
オバマ大統領が広島訪問の意思固める 来週後半に正式発表で調整
安倍総理がサミット前にヨーロッパとロシアを訪問
北朝鮮 再び「ムスダン」1発発射も失敗か

≪ザ・フォーカス≫
青山繁晴のニュース百人組手!!
この記事に関心がある(784)
2016/04/28(木)

【青山繁晴】外国人労働者受け入れの将来にわたる大きな弊害



イメージ 1

2016/04/26 に公開
インサイトコラム 青山繁晴 2016.4.27

関連動画

4/28(木)?青山繁晴・居島一平?【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Torano­mon NEWS】
https://www.youtube.com/watch?v=Wsemf...

4/21(木)?青山繁晴・居島一平?【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Torano­mon NEWS】
https://www.youtube.com/watch?v=xjLbQ...


この記事に関心がある(858)
2016/04/28(木)

ダイエットで知らないと損する防風通聖散 便秘や脂肪燃焼に効果大!

イメージ 1

今日4月28日、通院したんですが
いや
私の場合は、過去腰を痛めたので
いや
今は大丈夫です。
予防で定期的にリハビリ通院してます。

待合室でちょっと見かけたので
つまりダイエット通院のお勧めの張り紙がありました。

この「防風通聖散」という漢方薬はダイエット、特に健康維持には最適だと
載ってました。
いや私は中国が大嫌いなのですが
この病院が宣伝してるので信用することにしました。

いろんなダイエットがありますが
特に1日16円で効果抜群という記事で
しかも保険適用だそうです。
しかも、ここの病院長が勧めているので間違いないと思います。


では失礼します。

試した方はコメントでも感想をくださいませ。
この記事に関心がある(827)
2016/04/28(木)

アトピー性皮膚炎のメカニズム、理研が解明 ワセリンで予防の可能性

イメージ 1

ITmedia ニュース 4月26日(火)11時59分配信
 理化学研究所は4月26日、アトピー性皮膚炎の原因遺伝子を突き止め、ワセリンを塗ると発症を予防できる可能性があるとの研究成果を発表した。新たな治療法や予防法の確立につながるという。

【画像】ワセリン塗布(オレンジ色)と無処置(赤色)を比較した検証結果

 アトピー性皮膚炎を自然発症するマウスを作製し、病気の原因となる遺伝子変異を調べたところ、細胞の増殖や分化に必要なたんぱく質「サイトカイン」を伝達する「JAK1」分子の遺伝子配列に突然変異が生じていることを発見した。JAK1の異常が角質をはがす酵素「プロテアーゼ」にも影響し、角質による保湿効果が低下することで、アトピー性皮膚炎を招く――というメカニズムを解明した。

 こうしたマウスの表皮に、JAK1の働きを阻害する薬剤や、保湿効果を高めるワセリンを塗布したところ、発症を遅延・予防できた。発症前に皮膚バリアの破壊を防ぎ、角質の適切な新陳代謝を促すことがアトピーの予防につながることが分かった。

 同研究チームが、人間のアトピー患者の皮膚も調査したところ、6人中4人が同様の遺伝子異常を起こしていた。今後、遺伝要因だけでなく、皮膚や免疫力、環境など、他の複数の発症要因を分子レベル、遺伝子レベルで検討し、予防法や治療法確立につながる可能性があるという。

 成果は、米科学雑誌「Journal of Clinical Investigation」(電子版)に現地時間25日付で掲載された。
この記事に関心がある(838)
2016/04/28(木)

アトピー性皮膚炎モデルの原因遺伝子を解明【理化学研究所】

2016年4月26日
理化学研究所

アトピー性皮膚炎モデルの原因遺伝子を解明

-JAK阻害剤または保湿剤でアトピー性皮膚炎を予防-

要旨

理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センター疾患遺伝研究チームの吉田尚弘チームリーダー(研究当時)、安田琢和研究員(研究当時)らの共同研究グループは、遺伝子変異誘導によりアトピー性皮膚炎モデルマウス(Spadeマウス)を開発し、このモデルマウスにおけるアトピー性皮膚炎発症のメカニズムを解明し、発症の予防方法を発見しました。
アトピー性皮膚炎は、日本を含めた先進国の乳幼児でよくみられる炎症性皮膚疾患であり、遺伝要因と環境要因の複合によって発症すると考えられています。共同研究グループは、遺伝要因を明らかにするため、マウスに「化学変異原」を投与し、その中から、かいたり擦ったりする掻破(そうは)行動の強い皮膚炎を発症するマウスを選別しました。このマウスは清潔な環境で飼育しても、生後8 ~10週間でアトピー性皮膚炎を発症します。病気の原因となる遺伝子変異を調べたところ、さまざまな細胞の増殖や分化に重要なサイトカイン[1]のシグナル伝達因子である「JAK1」分子の遺伝子配列に点突然変異[2]が生じ、JAK1のリン酸化酵素であるキナーゼ活性が増加していることを突き止めました。これにより、発症前から表皮細胞の古い角質が剥がれるときに発現するプロテアーゼ(ペプチドの加水分解酵素)群の遺伝子発現が上昇し、角質による皮膚バリア[3]に機能障害が起こっていることも分かりました。
このマウスの皮膚にJAK阻害因子を塗ったところ、プロテアーゼの発現は抑制され、アトピー性皮膚炎の発症を遅らせることができました。軟膏基質として使われるワセリンを塗ることでも、発症の予防ができました。このとき、皮膚バリア機能も正常と同等に保たれるだけでなく、真皮(表皮の下にある線維性結合組織)の炎症発生も抑制されることが明らかとなりました。
共同研究グループでは、ヒトのアトピー性皮膚炎でも同じことが起こっているのかどうかを調べるために、アトピー性皮膚炎の患者の皮膚組織を調べたところ、6例中4例の表皮細胞でJAK1が活性化していることを発見しました。
ヒトにおいてアトピー性皮膚炎患者は、発症後にならないと診断がつきませんが、未発症の皮膚でJAK1を含む信号伝達経路の活性化が起こっている場合、アトピー性皮膚炎を発症する可能性のあること、ワセリンを塗ることで発症が予防できる可能性が示されました。また、今回作製したSpadeマウスを用いることによって、アトピー性皮膚炎発症に関わる複数の要因を分子レベル、細胞レベルで明らかにし、それぞれのターゲットを決めた発症予防法や治療法の確立が期待できます。
本研究は米国の科学雑誌『Journal of Clinical Investigation』に掲載されるのに先立ち、オンライン版(4月25日付:日本時間4月26日)に掲載されます。

※共同研究グループ

理化学研究所
統合生命医科学研究センター
疾患遺伝研究チーム
チームリーダー(研究当時) 吉田 尚弘(よしだ ひさひろ)(免疫器官形成研究グループ 研究嘱託・医師)
研究員(研究当時) 安田 琢和(やすだ たくわ)(免疫器官形成研究グループ 研究員)
免疫器官形成研究グループ
グループリーダー 古関 明彦(こせき はるひこ)
上級技師 長谷川 孝徳(はせがわ たかのり)
技師 松田 正史(まつだ まさし)
サイトカイン制御研究チーム
チームリーダー 久保 允人(くぼ まさと)
粘膜システム研究グループ
グループリーダー 大野 博司(おおの ひろし)
バイオリソースセンター
マウス表現型解析開発チーム
チームリーダー 若菜 茂晴(わかな しげはる)
開発技師 三浦 郁生(みうら いくお)
徳島文理大学 薬学部 病態分子薬理学
教授 深田 俊幸(ふかだ としゆき)
鈴鹿医療科学大学 薬学部 免疫学
准教授 西田 圭吾(にしだ けいご)
かずさDNA研究所 ゲノム医学研究室
室長 小原 収(おはら おさむ)
研究員 中山 学(なかやま まなぶ)
京都大学大学院医学研究科 皮膚科学
教授 椛島 健治(かばしま けんじ)
講師 大日 輝記(だいにち てるき)
東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学専攻
助教 中岡 慎治(なかおか しんじ)
慶応義塾大学先端生命科学研究所
特任准教授 福田 真嗣(ふくだ しんじ)
バイオリサーチ研究所 Amorepacific Corporation R&D Center
研究員 Bin Bum-Ho(ビン・ボムホー)

背景

アトピー性皮膚炎は、日本を含めた先進国の乳幼児によくみられる炎症性皮膚疾患であり、繰り返す掻痒(そうよう)感の強い湿疹と免疫グロブリン(IgE)[4]産生上昇などによるアレルギー様反応が問題となります。遺伝的に皮膚バリア機能に障害がある人でアトピー性皮膚炎が発症しやすいことから、それが発症の遺伝的背景因子となることが示唆されていました。
しかし、遺伝的背景因子を持つヒトが、どうしてアトピー性皮膚炎を発症するのか、詳しいメカニズムは分かっておらず、モデル動物を用いた発症のメカニズムの解析が望まれていました。ところが、そのような発症経過を忠実に再現するモデルマウスはこれまで存在していませんでした。

研究手法と成果

共同研究グループはエチルニトロソウレア [5]という「化学変異原」をマウスに投与し、ゲノムに変異を起こすことにより、突然変異マウスを作製しました。50家系、3,000匹のマウスの表現型解析の結果、アトピー性皮膚炎を自然発症するマウスを発見しました(図1)。
このマウスは清潔な環境で飼育しても、生後8~10週でアトピー性皮膚炎を自然発症し、その3週間後に血清IgEやヒスタミン[6]などの痒みに関係する免疫系の物質の血中濃度が上昇しました。さらに4~5週間後には、慢性炎症時に上昇する炎症物質の血中濃度が上昇するという、段階を追った発症経過をたどりました。このことから共同研究グループは、この突然変異マウスを「Stepwise Progressive Atopic Dermatitis (Spade)マウス(多段階進行性アトピー性皮膚炎マウス)」と命名しました(図1)。
遺伝子マッピング手法で原因となる遺伝子座を特定し、候補遺伝子の遺伝子配列を調べたところ、「JAK1」という細胞内信号伝達分子[7]のアミノ酸配列に変異を起こす変異を発見しました(図2上)。
JAK1はさまざまなサイトカイン受容体[1]の下流で機能する分子であり、免疫系細胞の増殖・分化や機能発現に重要であることが知られています。しかし、骨髄移植実験[8]でSpadeマウスと野生型マウスの骨髄細胞を入れ替える実験を行ったところ、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因は皮膚組織の側にあり、免疫系にはないことが明らかになりました。
JAK1はチロシンキナーゼ(チロシンリン酸化酵素)活性を持ち、それが活性化することでさらに下流の信号伝達分子を活性化し、さまざまな遺伝子発現を誘導します。SpadeマウスのJAK1の遺伝子変異は“機能獲得型”の変異であり、JAK1を介したシグナルが強く入ることによってアトピー性皮膚炎が起こると予想できました。そこで、JAK阻害剤をマウスの皮膚に塗ってみたところ、実際に発症を遅らせることができました(図2下)。このことから、皮膚でのJAK1の活性化変異がアトピー性皮膚炎を引き起こすことが確認できました。
次に、アトピー性皮膚炎の遺伝的な背景因子とされる皮膚バリア機能の低下があるか調べたところ、Spadeマウスではアトピー性皮膚炎発症の数週間前から皮膚バリア機能が低下していることが明らかになりました(図3上)。
以上のことから、Spadeマウスのアトピー性皮膚炎発症の原因は皮膚バリア機能の低下にあると考えられ、それを改善する目的でアトピー性皮膚炎が発症する4週間前からワセリンを1日おきに塗布してみました。すると、ワセリン塗布により2カ月以上にわたってアトピー性皮膚炎発症を予防することができました(図3下)。
ワセリンを塗った皮膚ではバリア機能が改善しているだけでなく、アトピー性皮膚炎発症前の真皮に炎症細胞が集まるのを防いでいることも明らかになりました。
皮膚での遺伝子発現を比較した結果、Spadeモデルマウスの皮膚では複数のセリンプロテアーゼ[9]の発現が増加していることが明らかになりました。
皮膚は常に新しい細胞と角質を作り出すために、生まれ変わりを続けています。皮膚に発現するセリンプロテアーゼは、古い角質を剥がすために適切な量が毎日作られ続けています。ところがSpadeマウスでは、セリンプロテアーゼの発現量が増加しているために角質が剥がれやすい状態になっており、バリア機能が低下していると考えられました。実際にSpadeマウスのJAK1変異は、複数のセリンプロテアーゼの発現を増加することが細胞実験でも確かめられました。
以上の研究結果から、Spadeマウスのアトピー性皮膚炎がなぜ発症するのか、どうすればそれを予防できるかをまとめたものが図4です。
また、ヒトにおいてもJAK1の活性化がアトピー性皮膚炎と関連しているのかどうかを調べる目的で、患者の皮膚でのJAK1活性化を調べたところ、6人の患者のうち4人の患者の表皮細胞でJAK1活性化が起こっていることが明らかになりました。

今後の期待

ヒトにおいても皮膚バリア機能の破たんが、一部のアトピー性皮膚炎の原因であると考えられています。しかし同じ変異を持ち、同じ環境に住んでいながら発症する人と発症しないヒトが存在します。その違いが皮膚の問題なのか、免疫の問題なのか、遺伝的問題なのか、環境の問題なのか、複数の要因が考えられますが、ヒトではそれを調べることは困難です。特に、発症前の未病[10]の状態のヒトの皮膚の状態を継続的に研究することはほぼ不可能です。
今回報告したSpadeマウスでは、JAK1の活性型変異という遺伝素因を基にアトピー性皮膚炎を発症するまでに生後8週間を要し、ワセリン塗布などの環境変化によってその発症が予防できるというユニークな表現型を呈します。つまりこのマウスを用いて研究することで、遺伝的な発症素因を持つ個体が未病の状態のときに何が起こっているのかを観察することが可能になります。これにより、アトピー性皮膚炎発症に関わる複数の要因を分子レベル、細胞レベルで明らかにし、それぞれのターゲットを決めた発症予防法や治療法を確立することができると考えられます。
また、このSpadeモデルマウスではアトピー性皮膚炎発症の数週間後からIgEやヒスタミンなど、アレルギー疾患患者で血中レベルが増加する物質の血中レベルも増えており、アトピー性皮膚炎発症を契機として段階的にさまざまなアレルギー性疾患が発症する、“アトピックマーチ(1つのアレルギー疾患を契機に誘導される一連のアレルギー疾患群)”の研究につなげることが期待できます。

原論文情報

  • Takuwa Yasuda, Toshiyuki Fukada, Keigo Nishida, Manabu Nakayama, Masashi Matsuda, Ikuo Miura, Teruki Dainichi, Shinji Fukuda, Kenji Kabashima, Shinji Nakaoka, Bum-Ho Bin, Masato Kubo, Hiroshi Ohno, Takanori Hasegawa, Osamu Ohara, Haruhiko Koseki, Shigeharu Wakana, and Hisahiro Yoshida, "Hyperactivation of JAK1 tyrosine kinase induces stepwise progressive pruritic dermatitis", Journal of Clinical Investigation

発表者

理化学研究所
統合生命医科学研究センター 疾患遺伝研究チーム
チームリーダー(研究当時) 吉田 尚弘 (よしだ ひさひろ)
(免疫器官形成研究グループ 研究嘱託・医師)
研究員(研究当時) 安田 琢和 (やすだ たくわ)
(免疫器官形成研究グループ 研究員)
吉田尚弘
吉田 尚弘

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

産業利用に関するお問い合わせ

理化学研究所 産業連携本部 連携推進部
お問い合わせフォーム

補足説明

  1. サイトカイン、サイトカイン受容体
    サイトカインとはさまざまな細胞が分泌する液性因子であり、ほかの細胞に働きかけて細胞の増殖や分化に関わる。働きかけられる細胞に発現している鍵穴と呼べる構造がサイトカイン受容体であり、特定の受容体は特定のサイトカインとしか結合しない。
  2. 点突然変異
    化学物質などを使って、ゲノム遺伝子上に誘発するランダムな1塩基の変異。
  3. 皮膚バリア
    皮膚の表面を覆っている表皮細胞とその細胞核が抜けて変化した角質とで構成される、体の表面のバリアのことを指す。皮膚からの水分蒸発を適正に保ち、外敵の侵入を防ぐが、動きを妨げない柔軟性も兼ね備えている。さまざまな分子の複合であり、常に生まれ変わりをして恒常性が保たれている。
  4. 免疫グロブリンE(IgE)
    アレルギー性疾患の原因となっている抗体。極めて低濃度で血中に存在するが、アトピー性疾患や寄生虫感染で増加する。
  5. エチルニトロソウレア
    分裂中の細胞に投与することでゲノムの遺伝子配列に点変異をランダムに引き起こすことが知られている化学変異原。この研究では1ゲノムあたりに3,000か所の点突然変異が引き起こされる推定量を投与した。
  6. ヒスタミン
    体内で過剰に遊離するとアレルギーを引き起こす物質。市販の抗アレルギー薬の一部は、この物質を標的にしたものである。
  7. 信号伝達分子
    主に細胞内で信号を伝える分子で、例えば、あるサイトカインが対応するサイトカイン受容体に結合した場合に、その組み合わせに応じた信号伝達経路が活性化する。そのときにその信号を伝える役割をする。1つの信号伝達分子が複数の信号伝達経路でしばしば共有される。
  8. 骨髄移植実験
    科学研究に用いるマウスは遺伝的に均一であるものが多く、そのようなマウスでは臓器移植を行っても拒絶反応が生じない。この特性を活かして、骨髄を入れ換える研究を行うことができる。病気の原因が骨髄細胞、つまり血液系の細胞にある場合には、骨髄を移植するだけで健康なマウスに病気を発症させることができる。逆に、病気になる遺伝子変異を持つマウスの骨髄を健康なマウスの骨髄と入れ替えても発症した場合、その原因は骨髄細胞以外の組織での遺伝子変異にあることが分かる。
  9. セリンプロテアーゼ
    体内のさまざまな組織でさまざまな細胞が発現しているセリン残基を持つ酵素であり、特定のタンパク配列を認識して切断する。組織の恒常性の維持や炎症の制御のために、発現量は適正な範囲に保たれている必要がある。
  10. 未病
    病気を発症する遺伝的素因を持っている、あるいは生活習慣などの環境変化により病気を発症する原因となる変化が体内に蓄積しつつあるけれども、まだ病気が発症していない状態。
新たに作製したアトピー性皮膚炎モデルマウス(Spadeマウス)の図

図1 新たに作製したアトピー性皮膚炎モデルマウス(Spadeマウス)

  • 野生型マウスとSpadeマウスの外見。
  • アトピー性皮膚組織の顕微鏡画像。左の野生型に比べて、右のSpadeマウスでは、表皮の肥厚と真皮への炎症細胞浸潤が起こっている。各スケールバーは100マイクロメートル(μm、1μmは100万分の1メートル)。
  • アトピー性皮膚炎発症タイミングを示したグラフ。青い丸は野生型、赤い丸がSpadeマウス(ホモ型)を示す。Spadeマウスでは、多段階的にアトピー性皮膚炎が進行していることが分かる。
  • 血中ヒスタミン値の変動を示したグラフ。青い丸は野生型、緑色の丸はヘテロ型、赤い丸がSpadeマウス(ホモ型)を示す。Cと同様に、血清ヒスタミン値が段階的に上昇している。つまり、Spadeマウスでは、多段階的にアトピー性皮膚炎が進行していることが分かる。
SpadeマウスにおけるJAK1分子の突然変異とJAK阻害剤での治療の図

図2 SpadeマウスにおけるJAK1分子の突然変異とJAK阻害剤での治療

上図: JAK1分子のアミノ酸1つの変化により、JAK1を介した信号伝達が活性化される。このアミノ酸変異は、信号伝達に重要なキナーゼドメインのATP(アデノシン三リン酸)結合領域のそばで、アルギニン(R)がヒスチジン(H)に変異したもの(R878H)であり、キナーゼ活性に影響を及ぼすことが推測できる。
下図: JAK阻害剤を塗った場合のアトピー性皮膚炎の発症頻度(左)と、耳の臨床スコア(右)のグラフ。耳の臨床スコアとは、耳の皮膚炎の臨床症状を掻破行動および外見でスコアリングしたもので、Spadeマウスの皮膚炎進行度を点数化したものである。○が無処置群、●はJAK阻害剤塗布群を表している。JAK阻害剤を塗ると、発症を遅らせることができることが分かる。
Spadeマウスにおける皮膚バリア異常とワセリンでの発症予防の図

図3 Spadeマウスにおける皮膚バリア異常とワセリンでの発症予防

上図:皮膚にビオチン(ビタミンB群)を塗った直後の浸透性をみると、野生型マウス(左)では角質表面にビオチン(赤い色)がとどまるのに対し、Sapdeマウス(右)では角質の中に浸透してしまう。つまり、バリア機能が低下する。青い色は真皮細胞。PBSはリン酸緩衝生理食塩水で、皮膚に何も塗らなかった場合を示す。スケールバーは20μm。
下図:発症前からのワセリンを隔日塗布した場合のアトピー性皮膚炎の発症頻度(左)と、耳の臨床スコア(右)のグラフ。赤色の○が無処置群、オレンジ色の●がワセリン塗布群を示す。図2の場合と同様に、ワセリンを塗ることで発症を予防できることが分かる。
Spadeマウスのアトピー性皮膚炎発症メカニズムの図

図4 Spadeマウスのアトピー性皮膚炎発症メカニズム

表皮の中で通常は、JAKとSTATの信号伝達分子がプロテアーゼ発現を適正に保つことで、皮膚バリアの恒常性を維持している。ところが、JAK1シグナルが強く入ることで皮膚バリアが破壊され、真皮の自然免疫系の活性化も招いてアトピー性皮膚炎発症に至る。しかし、それぞれJAK阻害剤やワセリンを塗ることで発症を予防できる。


【関係記事】

アトピーに関連する検索キーワード

この記事に関心がある(875)
1 / 12ページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12