2015年10月
1 / 13ページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  
2015/10/31(土)

「強権政治」極まれり…辺野古強行工事!・TPPは一部業界の利益を優先し国民に高いコスト強いる(10/28-31のツイートまとめ)

hibi_tantan24

TPPは複雑で巨大な管理貿易圏である 一部業界の利益を優先し、国民に高いコスト強いる https://t.co/136vvEhQ34 @biz_journalさんから
10-29 09:35

八方ふさがり防衛省 「辺野古移設」絶対無理なこれだけの理由 (日刊ゲンダイ) https://t.co/0snZb5Madl
10-31 19:14

安倍首相が“中央アジアの北朝鮮”に2兆円バラマキ!「自由の価値観共有」の方針はどこへ? 積極的平和主義外交の欺瞞 https://t.co/tKsCdlPnXi @litera_webさんから
10-31 19:16

この記事に関心がある(318)
2015/10/31(土)

【衝撃!証言】南京大虐殺は無かった!『南京の真実・第二部』製作へ[桜H27/3/28]

イメージ 1

次の動画

この記事に関心がある(321)
2015/10/30(金)

仮装国家ハロウィンジャパン

仮装国家ハロウィンジャパン

昨日30日、朝から報道番組で、今夜はハロウィンカウントダウンですといっていた。

31日がハロウィンだから...

続きを読む >>

この記事に関心がある(305)
2015/10/29(木)

「南京大虐殺」が事実ならやったのは国民党軍

イメージ 1
2006年07月22日

「南京大虐殺」が事実ならやったのは国民党軍

photo01_02_07.jpgphoto01_02_04.jpg
 日本の教科書やマスコミ文化人、左翼は、見てきたかのように
 書き、吹聴し、宣伝するが、蒋介石や毛沢東は、否定している
 
 南京大虐殺は本当にあったのか?という議論にまだ終止符が打たれていない。議論でとりあげられている諸説には「三〇万人説」から「虐殺否定説・まぼろし説」までがあるが、いずれも日本軍がおこなったという前提に立っている。
 この前提がまちがっている。野蛮な行為があったのだとすれば、やったのは、国民党軍と、なぜ気がつかないのか。
 当時の支那情勢は、孫文の辛亥革命と、その孫文が推挙した袁世凱の死後、分裂した北洋軍閥、湖南と湖北、広西と広東、北方軍閥と南方革命派、北伐と南征、国共の内戦、国民党の派閥争いと、まるで、三国志のような混沌とした戦乱が支那全土にひろがっていた。
 ここで見ておかなければならないのは、支那の軍隊が、いずれも私兵集団だったことである。とくに、国民党軍の場合、武器は支給されるが、給料は、ほとんど、払われていない。ということは、給料の代わりに戦利品を略奪するという、三国志の戦争感覚がずっとまかりとおっていたということである。
 そうでなければ、どうして、蒋介石が、三〇〇万の軍隊を維持できたであろうか。
 それが、のちに「南京大虐殺」とよばれる事件の、背景であり、伏線である。
 もともと日本軍は、軍規がきびしく、略奪や強姦は軍法会議で厳罰に処される。 ところが、国民党軍は、略奪や放火などに処罰規約がなく、蒋介石以下、将官がすべて逃亡したため、命令系統も崩壊していた。
 くわえてことばの問題もあった。傭兵の多くは文字が読めず、上海語と南京語ではつうじない。それが、いったん敗走となれば、どんな無秩序状態がおきたか想像に難くない。
 一方、便衣兵の狙撃で見方がばたばた倒されてゆく日本軍は、軍規がさらに厳しくなった。どちらが、無法だったか、考えるまでもないではないか。

datu2.jpg 南京虐殺記念館にはいたるところに30万の数字がある

  虐殺があったとされる時期、南京には、ロイターやAP、UPなど大通信社に席をおく新聞記者やジャーナリスト、カメラマンが、目を皿のようにして、ニュースを追いかけていた。
 南京大虐殺というのは、南京に大勢いた新聞記者やカメラマン、ジャーナリストが気づかぬうちに、日本兵が短期間(南京市/大虐殺の館では一九三七年一二月一三日から一九三八年1月)で、三十万人の支那人を虐殺して、国民党軍がでてこない、信頼できる目撃談や写真、被害者の家族の訴えも遺体もないという、ふしぎな話なのである。 
 南京大虐殺が事実なら、敵将・蒋介石や毛沢東が、まっさきに問題にしていたはずである。
 ところが、南京を捨てて重慶に逃げた蒋介石は、南京陥落直後、「抗日宣言」をだした際、口をきわめて日本軍を非難したが、南京で日本軍が大虐殺をおこなったなどと一言もいっていない。
 戦後、蒋介石が「そんな事実があれば何応欽将軍が軍事報告に記録したでしょう。私自身も、大虐殺などという報告を耳にしたことはない。松井閣下は、東京裁判で冤罪によって処刑された」と涙ぐみながら語ったエピソードも残っている。蒋介石が涙ぐんだのは、松井大将と親交があり、しばしば、和平案を打診されていたからである。
 中国共産党や共産軍も、南京大虐殺があったといっていない。もし、虐殺の片鱗でもあれば、抗日宣伝の材料にしたはずである。ところが、残っている資料は、国民党の非道とだらしなさを非難するものばかりである。

 
chinasol-marchJAP5-99Z.jpg 蒋介石の私兵だった300万国民党軍

 孫文の第一次国共合作のあと、蒋介石は「上海クーデタ」をおこしている。国共合作で国民軍と共産軍が北伐にむかう途中、上海で共産党勢力の殲滅をはかり、国共内戦のひきがねになった事件である。
 このとき、蒋介石の意をうけた青幇の首領、杜月笙は、蒋介石の命令で、租界にひそんだ第19路軍の共産主義分子、一万人以上を皆殺しにしている。
 国民党軍の同士討ちは、これだけにとどまらない。湖南省にある共産党根拠地の討伐命令に従わず、給料の支払いをもとめて福州で暴動をおこした第19路軍に、国民軍は猛烈な砲撃を浴びせ、将軍の蔡廷楷以下、数万の兵を殲滅したのである。
 これが、匪賊や馬賊とあまりかわらない、国民党軍の実態で、戦後、台湾に逃亡したかれら(外省人)が、台湾人(内省人)を虐殺・虐待した話は、いまも語り草になっているほどである。
 支那兵は、国家が召集した正規軍でも、愛国心から応募した義勇兵でもない。略奪や強姦を目的に入隊する兵も少なくなく、かれらは、略奪の目的をたっした後や逃走するとき、かならず、放火した。
 支那には「三光作戦」ということばがある。殺し、奪い、焼く、をさすユーラシア型の戦争で、戦後、日本軍がやったことにされて広辞苑にまでのっているが、本来、戦場の美学をおもんじる武士の国、日本にそんな発想はなく、むろん、そんな作戦をとった作戦記録もない。

 
日中戦争・炎上する上海浦東方面(毎日新聞社提供).jpg上海では国民党軍と日本軍が空爆をおこなった

 支那人の戦争は、昨日までの盟友、同じ民族にたいしても、容赦がなく、三光作戦がとられる。例を挙げると枚挙に暇がないが、そのなかで、最大級の被災者をだしたのが「文夕の大火」である
 一九三八年、上海から南京、武漢、岳陽を攻略した日本軍が長沙に迫ると、蒋介石は軍法会議で「焦土抗戦」を決定、四方から長沙に火を放った。日本軍の手に渡すくらいならすべて灰燼に帰してしまえというのである。
 五日間、燃えつづけたこの大火によって六万棟の家屋が焼け落ち、死者・行方不明者は、数千人から一万人といわれている。そして戦後、かれらは、それまでじぶんたちがやってきた常套的な戦法=三光作戦を、そっくり日本軍になすりつけた。それが、南京大虐殺である。
 日本軍は、南京を「無防備都市」にするよう蒋介石に勧告した。南京が戦場になると、市民が戦闘にまきこまれることになるからである。ところが蒋介石は、これを拒絶、唐生智・南京防衛軍司令官や市長・警察署長らとさっさと南京から逃げだした。
 そこで日本軍は、安全区を設定、南京市民の保護にあたった。だが、取り残された国民党軍の数万の兵は、軍服を脱いでこの安全区にはいりこみ、市周辺を焼き払い、市内で大規模な略奪、殺害、暴行をはたらいた。日本軍が虐殺をやったのなら、どうして、安全区を設け、狙撃の危険を冒してパトロールにあたったであろうか。
 南京大虐殺がなかったという歴史研究は、ほぼ、だしつくされている。あったという人々の論は、いまや、中学生にも論破されている始末である。
 南京大虐殺は、日本兵の暴挙ではなく、支那人の大ウソという形で歴史に残されるのである。


【関係記事】

●【捏造南京大虐殺関係記事リスト
この記事に関心がある(313)
2015/10/29(木)

【南京事件と便衣兵】国際法違反である便衣兵との戦いは戦時戦闘行動であり虐殺ではない

イメージ 1


便衣兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
便衣兵(べんいへい)とは、一般市民と同じ私服・民族服などを着用し民間人に偽装して、各種敵対行為をする軍人のことである。国際法違反であり、捕虜となっても裁判にかけられ処刑される。

目次

 [非表示

この記事に関心がある(267)
2015/10/29(木)

中国海軍の犯罪の証拠 : チュオンサ諸島における惨殺

イメージ 1

次の動画

この記事に関心がある(282)
2015/10/29(木)

渡る世間は詐欺ばかり

渡る世間は詐欺ばかり

振り込め詐欺で現金を受け取る「受け子」役の男を脅し、現金500万円を横取りしようとしたとして、恐喝未遂容疑で男4人が逮捕され...

続きを読む >>

この記事に関心がある(280)
2015/10/29(木)

長春市民数十万人餓死、中国共産党八路軍の兵糧攻め

イメージ 1
2012年3月 Minade Mamoru Nowar

1947年10月17日、中国共産党八路軍は福満ダムを爆破して長春への送電を切断した。
これを契機に、長春兵糧攻め(ひょうろうぜめ)作戦が徹底的に行われた。食糧を含む
一切の生活物資供給を絶たれた長春市内は餓死者が続出した。

中国共産党八路軍占領地域と国民党政府軍占領地域との狭間にはチャーズと呼ばれた
鉄条網で区切られた緩衝地帯があった。長春市内から脱出しようとした市民たちに対して、
中国共産党八路軍は固く関門を閉鎖し続けた。

関門の前のチャーズでは、地獄絵が繰り広げられた。ここだけで、10万人以上が餓死し、
死骸の山が築かれた。長春市全体では、33万人以上が餓死したといわれる。

この人道に反する長春兵糧攻め(ひょうろうぜめ)作戦毛沢東指示林彪指揮
した。33万人以上死亡したという数字は、中国政府公式発表の日本軍による
南京大虐殺の犠牲者数を上回る数字である。中国政府もマスコミも、この歴史上、特筆される
べき、一般市民を虐殺した、残酷・悲惨な長春兵糧攻め(ひょうろうぜめ)作戦の歴史事実を
中国国民には一切教えていない。当然、中国の歴史教科書には記載されていない。



    

参考資料:遠藤誉著 チャーズの検証 (明石書店97年1月発行)



 出典:遠藤誉『チャーズの検証』


南京大虐殺を上回る33万人以上の餓死者を出した長春兵糧攻め(ひょうろうぜめ)
作戦を行った当時の中国共産党八路軍の最高司令官・林彪(りん・ぴょう)は裁判に
かけられ死刑に処せられるべきであった。
林彪は1971年9月13日、【天の裁き】を受け、家族ぐるみ墜死した。
以上

この記事に関心がある(312)
2015/10/29(木)

青山繁晴×石平「親中・富坂聰はやっぱり中国のスパイだった!

イメージ 1


独立総合研究所の青山繁晴氏と拓殖大学客員教授の石平氏が
中国共産党による日本マスコミへのメディアコントロール
(マスコミ工作)の実態を解説しています。

同じ大学の上司と言葉話濁していますが
富坂聰の露骨すぎる親中ぶりを割れると揶揄しています。

---------------------------

「終わりの始まり」に立っている中国経済 拓殖大教授・富坂聰氏 (1/2ページ)
中国経済の2014年を西側メディアの多くは「バブル崩壊との戦い」の年だと位置付け­た。だが現実にはそうはならなかった。バブルではあるが、ハンドルできない問題ではな­かったからだ。

 かつて日本では、大蔵省(当時)が総量規制を仕掛けて一気に不動産価格が下落。銀行の­財務体質に深刻な影響を及ぼしたために中小企業に対する「貸し剥がし」、「貸し渋り」­を引き起こし、その影響が経済全体を冷え込ませた。この、いわゆる「日本型不況」には­、中国10+ 件は恐らく今後も陥ることはないだろう。
【夕刊フジより引用より引用】
この記事に関心がある(278)
2015/10/29(木)

青山繁晴 氏が暴露「中国・習近平のナメ切った態度に英国王室が激怒!!!」

イメージ 1

次の動画