1 / 1ページ  1  
2017/06/13(火)

速報版 H●ホールディングス 脱税疑惑の真相!ジャーナルリーク特別捜査部 独占入手情報を公開!!

H●ホールディングス 脱税疑惑の真相!!!
今回、私の情報源から「どうしても相談したい案件がある」との相談が、あった。

その内容とは、

上記法人のオーナー 橋●氏←敢えてまだ氏名公表は伏せておこう。
公認会計士     黒●氏←東京都港区赤坂所在の上記法人の代表者を務める人物。
脱税協力業者    I氏←地上げ屋

この三人が、全国で地上げ行為を繰り返し行い、暴利を得ている。
が、その利益を正確に申告せずに大半を脱税している。
・・・・。

これが相談内容であった。正しく言えば、通報内容であった。

これらの脱税行為のうち、「表参道プロジェクト」と、
「銀座共同ビルプロジェクト」は、国税局が捕捉し、一応「修正申告」
による納税と、付加された重加算税を支払い、他の案件にまで波及
しないように、蓋をしたとのことでもあった。

       *      *
この三人は、「地上げ利益の飲食店企業へのトバシ(脱税行為)」

「大分県フロント企業(ヤクザ企業)への利益供与」
など、反社会的勢力への「支援活動」までしているのである。

オーナーの橋●氏の「裏世界人脈」は、指定暴力団山口組(六代目)
の幹部であるH氏にまで広がり、司法当局も橋●氏には、従前から
注目していたようである。

これらの「裏世界への資金提供」は、億単位の巨額であり、
司法関係の注意を引くことは、当然であろう。

他方、三人の各地のプロジェクトの中で、真面目に仕事をしてきた
各種の業者への報酬は、踏み倒し、そこで得た「利益」を三人は山分けしている(!)始末だ。

このようなヤクザ支援と脱税と真面目な企業を食い物にする三人の
悪行を知らずに、ゴールドマンサックスの木●氏や三井住友銀行
●●支店などが、資金提供し続けているのである。つまり、金融機関は、利息を受けとり「共犯関係」にあると言うべきだろう。

現在、彼ら三人は、利益の分配などで内輪もめ状態にあるようだ。
互いに、足の引っ張り合いをし、元検察庁のヤメ検弁護士や元国税庁の税理士などの事務所を駆けずり回り、自己保身に血眼のようである。

揉めごとの発端は、都内渋谷区●●●ストリートプロジェクトの
SPC解散に伴うオーナーの脱税行為を巡る事件である。
繰り返されるオーナーの脱税行為は、件数と言い金額と言い、
庶民からすれば「天文学的数字」の悪事である。
筆者は、今回の悪行の裏どりを通じて「巨悪は眠らせない」と
決断した。
この、
オーナー  橋●氏
公認会計士 黒●氏
不動産業者 I氏
らに対し、公開質問状を近く発送する。
1. 黒●氏による脱税指南はあったのか?
2. I氏からH氏への送金は、いかなる根拠の金なのか?
3. 一連の脱税事件の三人間の契約書はあるのか?
以上の質問に対し、書面で回答を求めたいと考えている。



この記事に関心がある(850)
1 / 1ページ  1